Wi-Fi無線LANとイーサネット

ネットワークのトータルソリューション:エイチ・シー・ネットワークス株式会社

Wi-Fi無線LANとイーサネット

Wi-Fiで知られる無線LANと、有線LANであるイーサネットについて

・Wi-Fi無線LAN
・有線LAN

  1. ネットワーク・トータルソリューション:TOP
  2. コラム
  3. Wi-Fi無線LANとイーサネット
ネットワークの初歩

Wi-Fi無線LAN

Wi-Fi無線LANは、古くから利用されてきたが、普及するのに十年以上の長期にわたった。
これまで懸念されていたのは通信速度とセキュリティだ。
通信速度についてはテクノロジーの進化に伴い、実効値として数Mbpsだったのが最近では数十Mbpsを超える速度で利用されている。IEEE802.11何とかの規格に則して実用化されている。数百Mbpsも世の中にはあるようだが、筆者はまだ実用化されている場面に出会ったことがない。
セキュリティについては、ネットワーク同様に当社の得意分野であり、認証・不正アクセス対策など、特に無線はなりすましや盗聴しやすいので、セキュリティ対策が必須である。
当社は各種セキュリティ製品も取りそろえているが、自社製品のPRになってしまうのは本コラムに対する筆者の本意ではないので、具体的な製品に触れるのはここでは控えたい。

回線から学内ネットワーク/サーバーまでワンストップ提供 無線LANエリア拡大・高速化と同時に運用性も向上
学校法人中央学院 中央学院大学 様
  • オールAruba環境でキャンパスネットワークを大幅に強化
  • アクセス回線の高速化によりボトルネックを解消
  • ロールベースのアクセス制御で運用性も向上

ニーズ拡大を受け順次展開してきた無線LAN環境 高信頼の機器と可視化ソリューションで運用性も向上
国立大学法人 横浜国立大学 様
  • 無線LANアクセスポイント増加に伴う管理性の課題を解消
  • 故障の少ない機材で運用担当部署の負担を抑制
  • 可視化ソリューション導入で、運用安定化向上と新型コロナ対策側面支援

複雑化が進む学内ネットワークを最新技術で全面刷新 アフターコロナを意識した 学びを止めないキャンパスを早期に実現
学校法人都築学園 日本薬科大学 様
  • アクセス回線から学内LANまで10Gbpsバックボーンを整備
  • 学内の大半に無線LANを展開し、効率的に一元管理
  • 老朽化した配線の見直しと回線の冗長化で不安なく使える環境に

Arubaの最新ICTを活用し、医療現場を止めない無線LANを構築
NTT東日本関東病院 様
  • 次世代規格 Wi-Fi 6対応製品による高速化・大容量化の実現
  • 無線の可視化・無停止アップデートを実現し、運用負担を軽減
  • 期待以上の丁寧な構築作業で新たなパートナーに

有線LAN

有線LANであるイーサネットについては、数Mbps~数十Gbpsと幅広い。LANケーブルで対応する数Mbpsから数百Mbpsまであり、光ケーブルなら数十Gbpsにもおよぶ。1000BASE-Tや40GBASE-Xなどはその一例である。

次は、イーサネットの通信規格であるTCP/IP(≒IP)について、「ネットワークの基本知識(エンジニア必修)」として技術的な内容を基礎から説明したい。

ネットワークの基本技術と規格」に戻る

2020/1/31 HCNETビジネス推進グループ担当Y
(記載内容に関してご要望などありましたら、お問い合わせフォームへお願いします)

  

無料ダウンロード資料

無線LANソリューション

更新日:2017/11/13
資料をダウンロード

  • エイチシー・ネットワークス
  • 「顧客ファースト」視点で高い品質と信頼できるネットワークをご提供します。

エイチ·シー·ネットワークス株式会社(HCNET)は、提案から構築·保守サービスまで、トータルソリューションを提供するネットワークインテグレーション会社です。

COPYRIGHT ©2007-2022 HC Networks, Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

お見積もり依頼・お問い合わせ・
技術情報ダウンロードはこちら