病院ネットワークの課題と解決策

ネットワークのトータルソリューション:エイチ・シー・ネットワークス株式会社

病院ネットワークのよくある課題と解決策

病院のネットワークは、医療にかかわることから、安全管理や患者の医療情報の漏洩リスクには強固な対策を必要とします。最近では、最先端の医療機器や医療システムの安全稼働を実現する大規模ネットワークを構築する必要があります。
そのような中、病院ネットワークはどのような課題を抱え、それに対してどのような解決策があるのでしょうか。その概要を紹介します。

  1. ネットワーク・トータルソリューション:TOP
  2. コラム
  3. 病院ネットワークのよくある課題と解決策
テーマ別 解決策

病院ネットワークの特徴

病院において、ネットワークは最先端の医療機器や医療システムをつなぎ、最適かつ安全な医療の提供に欠かせないものとなっています。一刻一秒を争う医療現場では、すべての病室や手術室、会議室などへのネットワーク整備が求められるほか、徹底した運用保守も重要になってきます。

病院ネットワークのガイドライン

医療情報ネットワークについては、電子カルテなどの電子化された医療情報をどのように取り扱うかのガイドラインが存在します。

厚生労働省の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」や、総務省による「ASP・SaaS における情報セキュリティ対策ガイドライン」と「ASP・SaaS 事業者が医療情報を取り扱う際の安全管理に関するガイドライン」、経済産業省による「医療情報を受託管理する情報処理事業者における安全管理ガイドライン」の4つが該当し、順守する必要があります。

病院ネットワークのトレンド

近年は、地域での情報連携や、レセプト(診療報酬明細書)などデータベース整備も進んでいます。総務省は、地域の病院や診療所などをネットワークでつないで患者情報などを共有活用する基盤「地域医療連携ネットワーク(EHR)」の高度化、標準化、相互接続化を推進していく考えを示し、取り組んでいます。

これからの病院ネットワークは、院内において医療現場を支えるネットワークのほか、地域との情報連携にまで広がっています。

病院ネットワークのよくある課題と解決策

ここで、院内のネットワークや医療のIT化における、よくある課題とその解決策を紹介します。

●セキュリティが脆弱
病院ネットワークには、人命にかかわる医療の現場に必要とされる常時安定性の確保が前提となります。それと同時に、患者情報などの情報漏洩を防ぐ、強固なセキュリティも求められます。最先端医療を安全に提供できる、このセキュリティ面の整備は重要な課題といえます。
ネットワークにおける高いセキュリティを実現するには、ネットワークに接続するユーザーや端末に対する認証システムを設け、アクセス制御を行うことが一つの対策となります。また、認証ログや不正アクセスを未然に防ぐアラート通知、常にセキュリティの安全性をチェックする常駐プログラムを稼働させることなども有効です。

●管理体制が不十分
病院ネットワークには、配線・ネットワーク構築・運用保守まで徹底した管理体制が必要になります。医療システムの安定稼働はもちろん、ネットワーク障害時の迅速な対応など徹底した管理体制が求められます。
24時間365日稼働し続ける医療情報ネットワークを滞らせないためには、常駐プログラムのほか、専門エンジニアを配して、最新のセキュリティ体制を作っておくことが重要になります。

●Wi-Fi(無線LAN)がつながらない病室がある
病室や会議室などすべての場所へのネットワーク構築が必要とされます。無線LANについても安定した快適な環境が求められます。また遮蔽物の多い場所にWi-Fiが届かないといったケースも避けなければなりません。

病院のWi-Fi(無線LAN)環境整備に必要なものとしては、電波干渉を抑え安定した電波を供給する同軸漏洩ケーブル(LCX; Leaky Coaxial Cable)を用いること、そして無線アクセスポイントで複数の病室をカバーすることなどが挙げられます。

病院ネットワークのソリューション

病院や医療機関でネットワークを新しく構築する場合、あるいは、今あるネットワークの問題を解決しようとする場合、ネットワークソリューションを提供する会社に問い合わせ、打ち合わせをして要件をまとめ、見積提案を受けるのが大まかな手順になります。商社や機材メーカーなどもネットワークソリューションを提供しているケースもありますが、低コストで信頼性の高いネットワークの構築なら、まずはネットワークの専門会社に聞いてみるのがおすすめです。

病院・医療機関のネットワーク導入事例

病院ネットワークと一口に言っても、課題や実現したいことは病院ごとに違います。病院ネットワークのソリューションによって、実際にどんなことが解決するのか、導入事例からご確認ください。

まとめ

病院ネットワークでは、一刻一秒を争う最先端医療を滞らせず、機密情報となる医療情報を確実に守るネットワーク構築が求められています。高い信頼のおけるネットワークを構築できる専門業者の手が必要であることはいうまでもありません。

2020/1/31 HCNET コラム担当
(記載内容に関してご要望などありましたら、お問い合わせフォームへお願いします)

病院向け情報ネットワークシステム 関連ソリューション

M1-NET (Medical One Network)

M1-NET (Medical One Network)

医療システムの基盤となるネットワークを統合的に運用管理

病院ネットワーク

病院ネットワーク

病院ネットワークの論理分離で構築費用を削減

病院・医療機関 関連事例

Arubaの最新ICTを活用し、医療現場を止めない無線LANを構築
NTT東日本関東病院 様
  • 次世代規格 Wi-Fi 6対応製品による高速化・大容量化の実現
  • 無線の可視化・無停止アップデートを実現し、運用負担を軽減
  • 期待以上の丁寧な構築作業で新たなパートナーに

新たな電子カルテの展開に合わせたシステム基盤を高信頼の環境に刷新
平成医療福祉グループ 様
  • 自グループに適した電子カルテ用に高信頼な基盤を構築
  • トラブルが減り、業務停止時間やサポートの負荷が減少
  • 標準化を進めシステムの運用性を改善

電波が届きにくい病院内に無線LAN導入。セキュリティの確保と管理の簡略化を実現
医療法人社団善衆会 善衆会病院 様
  • 無線LANの届かないエリアをゼロに
  • LCXを敷設することで無線APの数を大幅に減らしコスト削減
  • ユーザー申請機能を活用し、管理工数を増やさず利便性とセキュリティを両立
  

無料ダウンロード資料

病院向け情報ネットワークソリューション

更新日:2018/11/20
資料をダウンロード

  • エイチシー・ネットワークス
  • 「顧客ファースト」視点で高い品質と信頼できるネットワークをご提供します。

エイチ·シー·ネットワークス株式会社(HCNET)は、提案から構築·保守サービスまで、トータルソリューションを提供するネットワークインテグレーション会社です。

COPYRIGHT ©2007-2022 HC Networks, Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

お見積もり依頼・お問い合わせ・
技術情報ダウンロードはこちら