社内ネットワークのしくみと構築方法

ネットワークのトータルソリューション:エイチ・シー・ネットワークス株式会社

社内ネットワークのしくみと構築方法を解説

社内にあるPCやOA機器などをつなぎ、データを共有するのに、社内ネットワークの構築が必要になります。新拠点を設けるなど、初めてネットワークを構築する場合、どのようなしくみなのか、またどのような手順で行う必要があるのか、疑問に感じることもあるでしょう。
そこで今回は、社内ネットワークの新規構築・見直しをする際に役立つ、ネットワークのしくみや構築手順を解説します。

  1. ネットワーク・トータルソリューション:TOP
  2. コラム
  3. 社内ネットワークのしくみと構築方法を解説
ネットワークの初歩

社内ネットワークのしくみ

社内には、メールサーバーや業務システムを利用するサーバーなど、複数のサーバーがあります。社員が利用しているPCから、ネットワークを介してメールサーバーや業務用サーバーにアクセスすることにより、メールの送受信、勤怠管理や販売管理などの業務を行うことができます。
社内ネットワークには通常、インターネットも接続されており、社員のPCからはインターネットの利用もできます。社内ネットワークは、社外ネットワークにもつながっています。

さらに詳しく、社内ネットワークのしくみを知っておきましょう。社内ネットワークには、LANとWANの二つの種類があります。

1.LAN
LANはLocal Area Networkの略称で、一つのビル内など、限定された範囲に回線を引くことで利用できるネットワークです。社内ネットワークには、フロア内やビル内を接続する有線LANと、無線で通信して接続する無線LANがあります。

2.WAN
WANはWide Area Networkの略称で、例えば本社のPCと、距離が離れた別拠点のPC同士をネットワークでつなぎます。

社内ネットワーク構築のポイント

社内ネットワークを構築する際には、次のポイントを押さえることで、効率的に実施できます。

・自社に合うネットワークを判断
自社に必要なネットワークの構想を練ります。 まずはLANとWAN、有線LANと無線LANのどれをどのように利用するか決めます。PCの台数が多く、通信量が多い場合は、通信速度が安定している有線LANが採用されます。企業によっては、有線LANと無線LANの両方が利用されています。規模や利用目的によって自社に合ったネットワークを判断することが大切です。

・セキュリティをどう確保するか
不正アクセスによる情報漏洩やデータ改ざんなどの被害に遭うリスクを初めから想定し、社内ネットワークを構築する必要があります。どのような方法で高いセキュリティを備えたネットワークを構築するかは、重要な検討ポイントです。

・トラフィック量がどのくらいか把握しておく
ネットワークにおける通信量であるトラフィック量をあらかじめ把握しておくことで、過負荷によるサーバーダウンなどのネットワーク障害や通信速度の遅延への対応を準備しておくことができます。

・ネットワーク障害を見据えた組織づくり
トラフィック量にも関係することですが、ネットワーク障害を見据えた組織づくりも重要です。軽微なネットワーク障害に対応する人員の確保や、社内ネットワークを遠隔から監視できるリモート監視サービスの活用など、社内外のリソースを確保する準備も必要です。

社内ネットワーク構築手順

社内ネットワークは、主に次の手順で構築していきます。

1.現状把握
まずは自社の現状調査を行い、必要な要件を洗い出していきます。ネットワークを見直す場合は、現状課題の洗い出しもしておきたいところです。

2.ネットワーク設計
社内ネットワークには、LANとWANの2種類があり、LANには有線と無線があるとお伝えしましたが、会社の規模やデバイスなどによって変わってきます。拠点数や接続台数に応じてネットワークを設計し、IPアドレス体系を決めていきます。
また、外部から社内ネットワークへのアクセスが必要かどうかによって、セキュリティ対策が変わってきます。

3.運用ルールや管理方法を決める
運用ルールや管理方法をマニュアル化しておくことが重要です。突然のネットワーク障害はいつ起きるかわかりません。障害対応についてマニュアル化しておけば、いざというときにも迅速な対応が可能になります。
ネットワークの運用管理は、マニュアル化以外にも、専用ツールを利用したり、外部に委託して監視や障害対応を行ってもらったりすることもできます。

特に、セキュリティ対策やネットワーク障害対応については、専門知識を要するため、自社だけでは検討できない事項です。その場合には、有用なセキュリティサービスや製品の導入を検討するのが良いでしょう。

まとめ

社内ネットワークのしくみや構築手順をお伝えしてきました。社内ネットワークは、自社の規模や端末台数、利用目的によって大きく変わってきます。エイチ・シー・ネットワークスでは、有用なセキュリティサービスや製品の導入をお手伝いしております。ぜひお気軽にご相談ください。

  • エイチシー・ネットワークス
  • 日立グループとして培った「顧客ファースト」視点で高い品質と信頼できるネットワークをご提供します。

エイチ·シー·ネットワークス株式会社(HCNET)は、提案から構築·保守サービスまで、トータルソリューションを提供するネットワークインテグレーション会社です。

COPYRIGHT ©2007-2021 HC Networks, Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

お見積もり依頼・お問い合わせ・
技術情報ダウンロードはこちら