SD-WANソリューション

ネットワークのトータルソリューション:エイチ・シー・ネットワークス株式会社

SD-WANソリューション

  1. ネットワーク・トータルソリューション:TOP
  2. ソリューション
  3. 企業向けDXソリューション
  4. SD-WANソリューション

SD-WANとは?

SD-WAN = Software Defined WAN
(SD = ソフトウエア定義)


ソフトウエアによる制御でWAN(広域ネットワーク)を柔軟に管理、運用する技術

オーケストレーターと呼ばれる管理ソフトウエアで分散したネットワーク機器を集中的に管理する。

導入メリット:
コストの効率化、可視化、クラウドアプリケーションの有効活用

オーケストレータ(管理画面)

クラウドを起因とするボトルネック

クラウドアプリケーション導入の問題点

●コスト増加(インターネット向け通信の増加)
●アプリケーションのパフォーマンスの低下
●通信内容の不透明さ

広域イーサネットなどのMPLS系網

以下のようなクラウドアプリケーションを導入された、
企業ネットワークを管理するお客さまの声

AWS Google Cloud Microsoft 365
Microsoft Azure Microsoft Teams zoom



Microsoft 365を使い始めてからネットワークが逼迫して困っている

解決案:増加するトラフィックのオフロード
解決案:回線コストの抑制

音声・画像系のクラウドアプリケーションのクオリティに問題がある

解決案:複数回線の有効活用
解決案:インターネット回線活用で帯域増加

要件に合わせた接続方法で効率的にIaaSを活用したい

解決案:IaaSへの柔軟な接続方法

sp-kaiketsu.png

※ Amazon Web Servicesは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

複数の要件を満たせるSilver Peak


お客さま課題・要件

保守切れしたルーターの更改
SaaSのユーザーEXが悪い
音声・ビデオの遅延
WAN高速化機器を撤廃したい
WANセキュリティの強化
Azure/AWSを効率よく活用したい
WANの状況をリアルタイムにみたい


Silver Peakはワンパッケージ

L3ルーターの機能を内蔵
特許技術の正確なSaaSブレイクアウト
回線のボンディング、品質補正
重複排除・TCP圧縮
ネットワーク分離、SASE連携
拠点⇄仮想ルーター接続

Silver Peakと一般的なSD-WANとの比較

機能一般的なSD-WANSilver Peak
ネットワーク L3ルーター機能
アプリケーション SaaS認識・識別
インターネットブレイクアウト
△DPI識別のみ ◎ 1万アプリ・3億ドメインを認識
(特許:First Packet IQ技術などで実現)
パフォーマンス 品質に基づいた回線選択
複数回線のボンディング - ◎回線のボンディング
WAN最適化 - ◎回線の修復・補正 (FEC/POC)
WAN高速化 - ◎ ブースト (重複排除/プロトコル高速化)
セキュリティ 拠点FW機能 △ACLのみ ○ ステートフルFW , ゾーンベースFW
◎ クラウドプロキシへのサービスチェイニング
パートナーシップ 自社ソリューションとの連携が優先 ◎IaaSなど幅広いベンダーとの連携
リアルタイム性 モニタリング機能 レポート機能 ◎ リアルタイム



SilverPeakの製品ページはこちら。



主要使用事例

使用事例課題、要件
(1) インターネットブレイクアウト ・SaaS利用によるボトルネック発生への対策
・Internet向け通信のオフロード
・要件[アプリ識別の精度]
(2) 回線コストダウン
(MPLS系専用線をインターネットに置き換え)
・特に国際回線の接続
・アジア圏の拠点に接続する回線の置き換え
・海外で先行して導入したお客さまの日本での展開
・要件[Internet VPN/Hybrid WAN, WAN最適化、品質補正機能]
(3) WAN最適化製品リプレイス ・他社WAN最適化製品の更新需要
・要件[WAN最適化]
(4) IaaSへのアクセス ・IaaS内VPCへの接続
・要件[IaaSで動作する仮想版インスタンス、WAN最適化]
(5) 通信可視化 ・通信コストの正当性評価のためのエビデンス取得
・管理負荷、トラブルシューティング時間の低減
・要件[監視ダッシュボード、レポート機能、アプリ可視化、UIの使いやすさ]

Silver Peakにより実現する、効率的なブレイクアウト

SpZc_net_p30w860.png

複数回線の有効活用(DYNAMIC パス制御)

回線Bonding


●複数回線を効率良く同時に利用する

●Active/Activeで各回線にパケット単位で通信を分散させる

●アプリケーションごとにさまざまな条件を設定し、無駄なく回線を使う事が可能

WAN
sp27p-wan02.png
sp27p-wan03.png
High Availability
高可用性
(Microsoft Teams・zoom)
High Quality
高品質
High Throughput
高帯域
High Efficiency
高効率
転送・帯域効率 50% 80%以上 100%
転送効率が高い
パスコンディショニング
(FEC)

エラー訂正パケット
多い

エラー訂正パケット
少ない
×
帯域を無駄にしない
回線切り替わり 0秒
絶対に落とせない
1秒以下
切り替わりのため寸断
回線振り分けポリシー パケットロスの少ない回線に振り分け 転送速度の速い回線に振り分け
適したアプリ ミッションクリティカル
1秒の通信断もNGなアプリ
デフォルト設定
多くのアプリに適している
データ転送/NFS それ以外のすべて

TCP高速化(WAN最適化機能)
遅延に弱いアプリケーションの応答性改善

遅延に弱いアプリケーションの応答性改善

sv30p-TCP01.png
sv30p-TCP02.png

IaaSへの接続

AWS, Azure, Google, Oracle を公式にサポート

●各クラウドサービスの標準機能(AWS、Azureは自動化対応)
●仮想ルーターでの接続も可能
マーケットプレイスからEC-Vを立ち上げ (SWライセンスは別途必要)

sv2-p33_01.png

使用事例
重複排除・圧縮機能(ブースト)を使い、DC/拠点ーマルチクラウド間の通信量削減

通信状況をL4レベルでリアルタイムに把握

インターフェースのごと通信量の表示(リアルタイムでの表示も可能)

sp2-p48_01.png

数あるSD-WANソリューションの中でSilver Peakが選ばれる理由

他SD-WANベンダーとの主な差別化要因、5つの導入メリット

ビジネス主導
(トップダウン、ビジネス要件にフォーカス)

高品質のユーザーEX
(パス調整、音声/ビデオ

オーバーインターネット)

継続的な適応性
(自己学習、アダプティブ

オーケストレーション)

統合型プラットフォーム
(一元管理設計)
SASE,IaaS連携
(API連携など)
アプリケーションにフォーカスした要件定義 WAN最適化で実現する高いユーザーエクスペリエンス

最新のSaaS情報を継続的に

アップデート

“4in1”でWAN機器を統一 幅広いトップベンダーとの連携

ビジネスポリシー設定による

コスト効率化

安価なインターネット回線活用によるコスト改善と拠点立ち上げスピード改善 SaaSアップデートの対応コストを改善

複数の機材を統一できる

コストメリット

API連携やIaaSとの連携で運用コスト改善




企業向けDXソリューション 一覧

PicoCELAソリューション

PicoCELAソリューション

今まであきらめていたWi-Fi環境、無線LANを構築します

SD-WANソリューション

SD-WANソリューション

ソフトウエアによる制御でWAN(広域ネットワーク)を柔軟に管理、運用する技術、オーケストレーターと呼ばれる管理ソフトウエアで分散したネットワーク機器を集中的に管理します。

講義配信

講義配信

反転授業やセミナーなど、さまざま用途で活用可能です。PC、スマートフォン、タブレットなどの端末から視聴が可能です。視聴者側で自由に視聴するレイアウトを選択することが可能です。

オンライン講義収録

オンライン講義収録

高画質かつ複数映像を同時に収録することで理解度がアップ。
HD品質の映像、資料を同時に収録することでコンテンツ視聴時の理解度を向上することが可能です。

ローカル講義収録

ローカル講義収録

大がかりな設備が不要であり、教室単位での設備投資が可能です。
お客さまの利用用途に合わせて最適なソリューションを提案します。

PolyによるSkype連携

PolyによるSkype連携

マイクロソフト環境用に最適化された幅広いポートフォリオと自然なビデオ会議エクスペリエンスを提供できます。

CiscoによるSkype連携

CiscoによるSkype連携

Skype for Businessクライアントからの会議参加を、オンプレミスのCisco Meeting Serverを活用することで、電話、音声会議、ビデオ会議を実現できます。

テレワーク・ソリューション2.0

テレワーク・ソリューション2.0

まずテレワークを使えるようにするテレワーク1.0から安全に使えるようにするテレワーク2.0への進化

BYOD環境提案の勘所

BYOD環境提案の勘所

持ち込み端末の認証と検疫

COPYRIGHT ©2007-2022 HC Networks, Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

お見積もり依頼・お問い合わせ・
技術情報ダウンロードはこちら