Zoom・ビデオ会議ツールの選び方

ネットワークのトータルソリューション:エイチ・シー・ネットワークス株式会社

ZoomとZoom以外のビデオ会議ツールの選び方

新型コロナウイルス感染拡大の影響下では、テレワークが加速し、コミュニケーションもオンライン化し、ビデオ会議は必須のツールとなりました。しかし、現在、さまざまなビデオ会議ツールがあり、どれが最も適しているのかわからないというケースも多いのではないでしょうか。そこで今回は、代表的なビデオ会議ツールZoomとZoom以外のビデオ会議ツールの選び方をご紹介します。

  1. ネットワーク・トータルソリューション:TOP
  2. コラム
  3. ZoomとZoom以外のビデオ会議ツールの選び方
ネットワークの導入

Zoom以外にビデオ会議ツールを比較検討したいという課題

テレワークを実施するに当たり、全社的にビデオ会議ツールを導入したい、といった場合にまず候補に挙がるのがZoomではないでしょうか。
しかし、企業によって、もしくは実現したいビデオ会議の形態などによって、Zoom以外のその他のツールについても比較検討し、最も自社に合ったものを選びたいというニーズもあると考えられます。

実際、Zoom以外にもビデオ会議ができるツールは複数あり、それらの中から自社に最適なものを選ぶことで、ビデオ会議およびテレワークの成功につながるといえるでしょう。

ビデオ会議ツールの違い

そこで、ビデオ会議ツールを比較検討する参考材料となるよう、Zoomとその他の主なビデオ会議ツールの違いをご説明します。

1.Zoom
「Zoom」は、いつでもどこでも、さまざまなデバイスでキレイにつながることが特徴のクラウド型ビデオ会議・Web会議サービスです。在宅勤務、テレワークのほか、現場との情報共有、取引先とのミーティングなどが、さまざまなデバイスから高品質かつ簡単な操作で実現できることから、組織の労働生産性が向上します。

パソコンやスマートデバイスなどに専用ソフトウエアをダウンロードして環境を選ばず手軽に利用できるほか、独自のネットワーク品質状況に応じた最適な通信を実現する機能を搭載していることから、安定した品質のビデオ会議が実現できます。

その他、Microsoft Outlook用のWebアドインをインストールすることでMicrosoft 365との会議予約連携が可能であったり、ミーティング内容の録画、一つの会議から小規模会議に分けられる機能、オプションのウェビナー機能があったりするなど、テレワークにおける多様なニーズに対応します。

Zoomは社内外で多様なメンバーが大規模、小規模会議を頻繁に実施したい場合に向いているといえます。

2.Virtual Workplace for Collaboration (VW4C)
「Virtual Workplace for Collaboration (VW4C)」は、 テレビ会議や電話、Skype for Business、Webブラウザ環境と、さまざまなデバイス環境に対応するUCクラウドサービスです。UCとはユニファイドコミュニケーションの略で、さまざまな通信手段を一つに統合するという意味合いです。
テレビ会議機能においては、1会議あたり、同時接続最大25デバイスの接続ができ、大人数での会議も対応可能です。セキュリティについても通信の暗号化、会議室のパスワード設定などが整っています。

VW4Cは、さまざまなデバイス環境から参加し、セキュリティも万全なものにしたい場合に向いています。

3.Cisco Webex
「Cisco Webex」は、Ciscoのクラウドより提供される、包括的なビジネスコラボレーションを実現するツールです。会議や通話、メッセージの送受信を行うことができます。

シンプルでセキュリティに優れており、さらに包括性を持つのが特徴で、個人でも団体でも生産性の向上をはかることができます。

そしてCisco Webexは、密なコミュニケーションを実現します。ビジネスチャットでは、チームメンバー間で暗号化されたファイル共有ができるほか、ホワイトボード機能で新たなアイデアの創出を手助けしてくれます。

またチームメンバーは、自宅、オフィス、外出先など場所を選ばず、手元のデバイスから会議が開催できます。

Cisco Webexは、チームメンバー間でのファイル共有やチャット、ビデオ会議などを密に行いたい場合に向いています。

4.V-CUBE
「V-CUBE」のWeb会議・ライブWebセミナーは、手軽にWeb会議やライブ配信の導入・運用ができるクラウドサービスです。

インターネット環境があれば、場所を選ばず、パソコンやスマートフォン、タブレットはもちろん、既設のビデオ会議端末など、さまざまなデバイスから会議への参加や、ライブWebセミナーの視聴が可能です。

ほかにも、ミーティングやセミナーを行える機能のほか、ドキュメント共有機能やテキストチャットサービスの機能を持つツールがあり、必要に応じて利用することができます。

V-CUBEは、社内外のさまざまなメンバーとWeb会議やセミナーを臨機応変に実施し、ビジネスコラボレーションをはかりたい場合に向いています。

まとめ

ZoomやZoom以外のビデオ会議ツールの特徴をご紹介してきました。それぞれの特徴と共に、ツール選択基準の目安を下記に示します。

社内外で多様なメンバーが大規模、小規模で会議を頻繁に実施したい。→Zoom

多様なデバイス環境からセキュリティを特に意識して会議したい。→VW4C

チームメンバー間でビジネスチャットやビデオ会議を行い、密なコミュニケーションをはかりたい。→Cisco Webex

社内外のさまざまなメンバーとWeb会議やセミナーを実施し、ビジネスコラボレーションをはかりたい。→V-CUBE

いずれのビデオ会議ツールも、当社が取り扱っていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

ビデオ/Web会議
https://www.hcnet.co.jp/products/uc/

Zoom ミーティング サービス
https://www.hcnet.co.jp/products/uc/cloud/zoom.html

HCNET UCクラウドサービス
https://www.hcnet.co.jp/products/uc/cloud/vw4c.html

Cisco コラボレーションクラウドサービス
https://www.hcnet.co.jp/products/uc/cloud/cisco.html

V-CUBE Web会議・Webセミナー
https://www.hcnet.co.jp/products/uc/cloud/vcube.html

  

無料ダウンロード資料

ビデオ会議システム総合カタログ

更新日:2016/12/01
資料をダウンロード

  • 業界別システム構成例
  • Polycom製品
  • AVAYA製品
  • サポート保守
  • エイチシー・ネットワークス
  • 「顧客ファースト」視点で高い品質と信頼できるネットワークをご提供します。

エイチ·シー·ネットワークス株式会社(HCNET)は、提案から構築·保守サービスまで、トータルソリューションを提供するネットワークインテグレーション会社です。

COPYRIGHT ©2007-2022 HC Networks, Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

お見積もり依頼・お問い合わせ・
技術情報ダウンロードはこちら