VI-Engine(ブイアイ エンジン)

脆弱性診断・管理ツール

複数情報源から脆弱性情報を自動で収集、自社IT資産の脆弱性対策の手間を軽減し、
適切な情報セキュリティ対策。

セキュリティアプライアンス化製品|ネットワークのトータルソリューション:エイチ・シー・ネットワークス株式会社

脆弱性管理とは

脆弱性管理とは、ソフトウエアやアプリケーションのセキュリティ上の問題を調査・分析・報告・修正してセキュリティを保つプロセスのことです。

近年、会社や組織の生産性向上の要としてDX(デジタルトランスフォーメーション)が推進され、新たなソフトウェアやITツールの活用が増加しています。

これに伴い、セキュリティ上のリスクも増すため、脆弱性管理にかかる負担も増加。
「DXを進めて業務を効率化すればするほど、セキュリティ担当部門の業務量は逆に膨れ上がっていく」という新たな問題が生じます。
つまり、DXの成功には、脆弱性診断・管理のDX化も避けては通れないのです。

「VI-Engine」は、脆弱性の調査・分析・報告を自動化。ソフトウエアやITツールの脆弱性管理をDX化するツールです。

脆弱性診断・管理を自動化し、セキュリティを高める

VI-Engineは、年間3000億件以上と言われるサイバー攻撃から貴社のIT資産や顧客個人情報を守る脆弱性診断・管理ツールです。
ご利用中のアプリケーションなどの脆弱性情報をお客さまに代わって複数の情報源から自動収集し、セキュリティリスクを診断&レポーティング。
脆弱性情報管理の手間を軽減し、新たな脆弱性が見つかった際の迅速な対処につなげます。

このような課題を感じていませんか?

  • 自社のIT資産の脆弱性を把握したいが、情報が多すぎて収集が手間

    自社のIT資産の脆弱性を把握したいが、
    情報が多すぎて収集が手間

  • 収集した情報のうち、すぐに対処すべきものが何かわからない

    収集した情報のうち、
    すぐに対処すべきものが何かわからない

  • 自社の資産に対してどんな対処が必要なのかわからない

    自社の資産に対して
    どんな対処が必要なのかわからない

VI-Engine(ブイアイ エンジン)VI-Engine(ブイアイ エンジン)を使用すると・・

  • 指定したベンダー/プロダクトのスキャン・診断を行い、情報収集を自動化

    指定したベンダー/プロダクトの
    スキャン・診断を行い、
    情報収集を自動化

  • リスクの高い脆弱性をランキングで表示し、可視化する

    リスクの高い脆弱性を
    ランキングで表示し、
    可視化する

  • IT資産情報と連携し対処が必要な脆弱性に優先順位をつけ、レポートで確認

    IT資産情報と連携し対処が
    必要な脆弱性に優先順位をつけ、

    レポートで確認

脆弱性管理クラウドサービス「VI-Engine」が、お客様に代わって脆弱性情報を検出・収集します。

サービス概要

  • VI-Engineはセキュリティ対策の一環として、脅威となる攻撃やセキュリティリスクを自動でスキャンできる診断ツールです。
    グローバルで発見される脆弱性情報を複数の情報源から自動で収集し、脆弱性情報データベースを作成し、可視化します。

    • VI-Engineがお客さま指定のベンダー/プロダクト情報を元にスキャンし脆弱性情報の収集を自動化
    • エクスプロイトが有効なものや、SNSで多く情報発信されている脆弱性をカウント
    • カウントの高いもの(リスクが高いもの)から順にランキング表示し、可視化する
    • IT資産情報と連携し対処の優先度が高い脆弱性をレポート
  • お客さまはWebブラウザから「VI-Engine」にアクセスすることで、可視化されたデータベースを閲覧することができます。

    • 危険度Top10情報参照
    • CVE情報参照
    • IT資産情報アップロード

サービスの特徴

  • 複数のサイトで公開されている脆弱性情報を、リアルタイムで収集します。

    複数のサイトで公開されている脆弱性情報を、リアルタイムで収集します。

  • 収集した脆弱性に対するパッチ情報の有無を表示します。(※1)

    収集した脆弱性に対するパッチ情報の有無を表示します。(※1)

  • 対策を推奨する脆弱性のランキングとして、レコメンドTop10を自動で作成。(※2)

    対策を推奨する脆弱性のランキングとして、レコメンドTop10を自動で作成。(※2)

  • IT資産情報を「VI-Engine」にアップロードし、脆弱性対策状況の統計結果を表示。

    IT資産情報を「VI-Engine」にアップロードし、脆弱性対策状況の統計結果を表示。

※1 パッチ情報の有無は、Microsoftのパッチ情報のみ
※2 共通脆弱性評価システムCVSSのスコア、Exploitの有無、SNSの情報を元にランキングを作成

画面イメージ

  • トップページ

    トップページ
  • CVE一覧画面

    CVE一覧画面
  • CVE詳細画面

    CVE詳細画面

ラインアップ

サービスのラインアップ

サービス名
VI-Engine (ブイアイ エンジン)
ライセンス
サブスクリプション
機能
全CVE情報参照
資産情報連携
レポート
収集情報設定
希望小売価格(税込)
92万4千円(年額)
提供形態
クラウドサービス

アカウント登録方法

アカウント登録方法に関するご質問やお問い合わせは、弊社営業またはお問い合わせフォームへお願いします。
本サービス(VI-Engine)提供URL:https://vi-engine.com

本製品でよくある質問

Qサービスの利用更新をする場合はどうすれば良いですか
A弊社担当営業までお問い合わせください。 更新手続きをさせていただきます。
Qサービス稼働率など、SLO(サービスレベル目標)を教えてください
A以下のリンクからお確かめください。
https://vi-engine.com/general-vieuser/slo
Q契約後の問い合わせ窓口を教えてください
A契約後のお問い合わせはメールで受付いたします。(平日9-17時) お問い合わせ窓口の宛先は証書に記載しておりますので、証書をご確認ください。

エイチ・シー・ネットワークスの特徴

会社情報はこちら

お見積もり依頼・お問い合わせ・
技術情報ダウンロード

各種製品に関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。
技術情報はPDF版でご用意しています。

トップへ