IT Asset コンシェル

IT資産管理ソリューション

IT Asset コンシェルは、IT資産管理の専門コンサルティング会社である
株式会社クロスビートが設計・開発したADVANCE Managerの機能を追加改善し、
よりご利用いただきやすくしたIT資産管理の最終形です。

IT資産管理ツール「IT Asset コンシェル」|ネットワークのトータルソリューション:エイチ・シー・ネットワークス株式会社

IT Asset コンシェルの特徴

  • 01 管理工数の削減

  • 02 管理データの
    正確性の向上

  • 03 インベントリ
    ツールの有効利用

  • 04 危険な状態の
    IT資産の検知

  • 05 棚卸しの効率化と
    正確性の向上

  • 03 ライセンスの整理と
    コンプライアンス

組織のすべての業務に関連するIT資産の管理は、情報セキュリティや投資コスト、コンプライアンス対策の要となるものです。
情報システム部門やCIO、CSOはその重要性を理解していても、担当者は日々のセキュリティ対策やシステム管理、さまざまな問い合わせ対応に追われ、適切な管理状態を維持することは難しい状況にあります。

  • インベントリツールや台帳システムといわれるソリューションを導入しているが有効に活用できていない。
  • 棚卸しは行っているものの、実はその信頼性に問題を抱えている。
  • サーバーや仮想インスタンス、ソフトウエアライセンス、クラウドサービスの管理・把握に不安を感じている。

そのような管理者は少なくありません。
IT Asset コンシェルは、IT資産管理のSaaSサービスをベースとして、組織の管理者の方が抱えるIT資産管理に関連するさまざまな課題解決をサービス保守として提供します。

IT Asset コンシェルの主な機能

ご利用のお客さま

  • 神戸市教育委員会 様

    神戸市立学校園の全PCとソフトウエアおよびライセンスを集中管理。以前別のシステムを導入した経験があったが、導入時の負荷が高すぎたため、導入負荷の低い製品を選定。コンサルタントの高い専門性も評価。

  • 宮崎県庁 様

    これまで利用されていたシステムが要件を満たさなくなったため、入れ替え。カスタマイズでは再度将来の要件を満たせなくなるため、設定機能が豊富なパッケージを評価。アラート対応支援など、運用支援が保守で提供されることも評価。

  • 株式会社オージス総研 様

    デバイスとネットワーク管理はすでに別システムで実施しており、さらにソフトウエアとライセンスの管理をするために導入。デバイスについては既存システムを利用し、APIでデータを連携。

  • 広成建設株式会社 様

    これまで利用されていたシステムの保守が提供されなくなったための入れ替え。独自の棚卸し機能を活用し、棚卸しの正確性と効率の向上を図る。

※一部のお客さまを掲載しています。詳細はお問い合わせください。

エイチ・シー・ネットワークスの特徴

会社情報はこちら

お見積もり依頼・お問い合わせ・
技術情報ダウンロード

各種製品に関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。
技術情報はPDF版でご用意しています。

トップへ