クラウド型Webゲートウェイ「iboss」の取り扱いを開始

ネットワークのトータルソリューション:エイチ・シー・ネットワークス株式会社

ニュースリリース

  1. ネットワーク・トータルソリューション:TOP
  2. ニュースリリース
  3. クラウド型Webゲートウェイ「iboss」の取り扱いを開始
このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
報道関係各位

クラウド型Webゲートウェイ「iboss」の取り扱いを開始

発行No. 2020071001
2020年07月10日

 エイチ・シー・ネットワークス株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:大江 愼一、以下、エイチ・シー・ネットワークス)は、ニューノーマル時代の新しい働き方を支える次世代のWebセキュリティとしてiboss社のクラウドプラットフォームサービス(https://www.hcnet.co.jp/products/service/cloud/iboss.html)の取り扱いを開始しました。

ibosslogo.png


 VPNゲートウェイの負荷増大やSaaSの利用増加により、オンプレミス前提のセキュリティ対策に限界が生じており、デバイスや利用者のロケーションに依存しない新たなしくみが求められています。
 また、エイチ・シー・ネットワークスでは自社開発品であるAdapterシリーズによるID管理やSD-WANのシステム構築にも注力しており、柔軟かつセキュアなテレワーク環境をトータルで提供します。

特徴1

 ibossクラウド側のIPアドレスを固定にすることができます。これにより、SaaS側で送信元IPアドレスの接続制限をかけている場合も容易に運用することが可能です。

特徴2

 ユーザーごとに占有コンテナが用意されますので、高い独立性が確保されると同時にきめ細かい制御が可能となります。

特徴3

 各デバイスからのWebアクセスをibossクラウドに集約し、セキュリティ対策を施すことでセキュリティポリシーの均一化を図ることができます。

iboss導入の通信イメージとメリット

iboss_01.png

サービスに含まれる主な機能

  • Webフィルタリング
  • アンチマルウエアと侵入検知(IPS)
  • SSLインスペクション/復号化
  • サンドボックス
  • SNSなどのクラウドアプリケーション利用の可視化(Cloud access security broker:CASB)
  • ファイルベースのDLP(Data Loss Prevention)
  • モバイルデバイスの保護 など

ibossと他製品の組み合わせで、より利便性とセキュリティを強化

iboss_02.png

iboss,inc. Senior Vice President, EMEIA & APJ Simon Eappariello様からのエンドースメント

HC Networks represents the very best in technology solutions and iboss are excited to partner with them to help bring their world-class services to organizations throughout the Japan. During this difficult time where remote working is now the default for most organization our partnership with HC Networks will provide the industry with cloud delivered network security and help organizations meet their security goals no matter where their user base is located in the future.
(日本語訳)
 ibossは、最高のテクノロジーソリューションを代表しているHCNETと連携して、日本にワールドクラスのサービスを提供できることをうれしく思っています。
 リモートワークが、ほとんどの組織にとってデフォルトである、この困難な状況下、HCNETとパートナーシップを組んで、クラウド型のネットワークセキュリティを業界に提供し、ユーザーがどこにいようとも、組織としてセキュリティ目標を達成できるように支援します。

iboss,inc. Senior Vice President, EMEIA & APJ
Simon Eappariello

iboss, inc.

 iboss,inc.は、どこからでも、どんなデバイスからでもセキュアなインターネットアクセスを実現すべく、2003年に米国マサチューセッツ州ボストンで設立しました。190を超える発行済みおよび申請中の特許を持っており、さまざまな賞を獲得しています。また、フォーチュン500の企業をはじめ4,000社以上の導入実績があります。
https://www.iboss.com/

登録商標

 HCNETおよびそのロゴは、エイチ・シー・ネットワークス株式会社の商標または登録商標です。ibossおよびibossのロゴは、iboss,inc.の米国およびその他国における登録商標または商標です。本ニュースリリースに記載されているその他の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

 本ニュースリリース記載の情報(製品・サービスの内容、仕様、価格、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事のPDFダウンロードはこちらから

クラウド型Webゲートウェイ「iboss」の取り扱いを開始

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe(R) Reader(R)が必要です

 

COPYRIGHT ©2007-2020 HC Networks, Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

お見積もり依頼・お問い合わせ・
技術情報ダウンロードはこちら