AWSに対応したOneID@Adapterを6月に販売予定

ネットワークのトータルソリューション:エイチ・シー・ネットワークス株式会社

ニュースリリース

  1. ネットワーク・トータルソリューション:TOP
  2. ニュースリリース
  3. AWSに対応したOneID@Adapterを6月に販売予定
このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
報道関係各位

AWSに対応したOneID@Adapterを6月に販売予定

発行No. 2020051501
2020年05月15日

エイチ・シー・ネットワークス株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:大江 愼一)は、Amazon Web Services(アマゾンウェブサービス、以下AWS)のAmazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)上で動作する、自社で開発・販売している中堅・中小企業向けシングルサインオンとアカウント運用・管理アプライアンス「OneID@Adapter」(ワンアイデイアダプター)のAWS対応版を6月に販売します。

OneIDAWS.png

AWSに対応

OneID@Adapterは、SAML認証やForm認証利用者向けのシングルサインオン機能、およびクラウドサービスのアカウント運用を自動化するプロビジョニング機能を備えています。これら二つの機能により、お客さまは各サービスのアカウント運用に手間をかけることなく、円滑にクラウドサービスを導入し運用することができます。これまでのアプライアンス版とVA版に加え、新たにAWSに対応することで、お客さまの多様なニーズにお応えします。

powered-by-aws.png

OneID@Adapter (AWS対応版)の価格

【希望小売価格】 オープン価格

OneID@Adapterの特徴

  • 利用者向けのWebポータルを介してサービスへのアクセスや利用申請が可能
  • Webポータルにログインするだけでサービスへ自動的にログイン
  • 管理者向けWeb画面でアカウント管理を行い、利用者ごとに利用可能なサービスを設定することが可能
  • サービス利用者の利用申請と承認を行う権限を、管理者から部門担当者に権限委譲可能
  • プロビジョニング機能により、アカウント管理画面でユーザーの登録・削除を行うと各サービスと連携し自動的に登録・削除を実行
  • 申請ポータルで利用者のサービス利用申請と承認が可能
  • 長期間利用していないアカウントを各サービスから自動的に削除

登録商標

 OneID@Adapter、HCNETおよびそのロゴは、エイチ・シー・ネットワークス株式会社の商標または登録商標です。Amazon Web Services、“Powered by AWS”ロゴ、アマゾンウェブサービス、AWS、Amazon Elastic Compute Cloud、Amazon EC2は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。本ニュースリリースに記載されているその他の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

本ニュースリリース記載の情報(製品・サービスの内容、仕様、価格、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事のPDFダウンロードはこちらから

AWSに対応したOneID@Adapterを6月に販売予定

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe(R) Reader(R)が必要です

 

COPYRIGHT ©2007-2020 HC Networks, Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

各種お見積り依頼・お問い合わせ・
技術情報ダウンロードはこちら