ネットワークのトータル・ソリューション

Hcnet エイチ・シー・ネットワークス株式会社

ニュースリリース

  1. HOME
  2. ニュースリリース
  3. ~ 認証・アカウント管理・無線・検疫など各種クラウドサービス「Account@Air+」リリース~ クラウドサービスとして、認証基盤を提供
このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
報道関係各位

認証・アカウント管理・無線・検疫など各種クラウドサービス
「Account@Air+」リリース

クラウドサービスとして、認証基盤を提供

2015年04月22日

このたび、日立電線ネットワークス株式会社は、自社開発・販売をしている認証・アカウント管理・DHCPアプライアンス「Account@Adapter+(アカウントアダプタープラス)」やエージェントレス検疫アプライアンス「QuOLA@Adapter(クオラアダプター)」などの各機能をクラウド上で統合し、日立電線ネットワークスクラウドサービス「Account@Air+(アカウントエアープラス)」として6月にリリースします。クラウドサービスとして、認証基盤をサービス提供することにより、中小規模のユーザー環境においても認証基盤の構築導入がスムーズに実施可能となります。

Account@Air+ サービス内容

ローカル認証サービス

ネットワーク認証機能による不正デバイスの侵入対策として、認証スイッチと連係したWeb認証・MAC認証・証明書認証に対応していますので、利用実態に合わせた認証方式を選択できます。
ユーザー申請、端末申請、証明書申請など、利用シーンに合わせて申請ポリシーを柔軟に運用することができます。また、利用者自身による操作で、ゲストアカウントを作成することが可能になりますので、ゲストアカウントの運用管理負荷が軽減されます。

IdPサービス

各種クラウドサービスの認証を、ユーザー自身のIDで認証します。

無線インフラサービス

無線アクセスポイントはレンタルでの提供、もしくはお客さまの買い取りになります。
無線アクセスポイントのコンフィグ管理や稼働状況を監視します。
標準でアカウント管理機能を提供し、無線利用者に対して認証機能を適用することで、不正アクセス対策が可能です。

検疫サービス

スマートデバイスからPCまで、端末機器を非常駐型エージェントが、高速でポリシーチェックし、検疫を行います。また、検疫のシミュレーション機能により、段階的に導入することが可能です。

Account@Air+の特長

  • RADIUS機能、LDAP機能、CA(証明書)機能、DHCP機能
  • Web/MAC/802.1X認証に対応し、外部LDAP/ActiveDirectory®連係やRADIUSプロキシ連係に対応
  • 証明書発行機能(CA機能)をサポートし、スマートデバイスの証明書も発行可能
  • ユーザー自身による利用ID・端末・証明書申請、管理者による審査(許可/却下)、MACアドレス自動登録、ユーザーへのパスワード有効期限通知、未使用アカウントの自動削除
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe(R) Reader(R)が必要です

 

COPYRIGHT ©2007-2018 HC Networks, Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

各種お見積り依頼・お問い合わせ・
技術情報ダウンロードはこちら