ネットワークのトータル・ソリューション

Hcnet エイチ・シー・ネットワークス株式会社

製品FAQ

  1. HOME
  2. サポート
  3. 製品FAQ
  4. QuOLA@Adapter

製品概要について

QuOLA@Adapterの特長を教えてください
Windows,Mac,Linux,Android,iOSに対応した検疫専用アプライアンスです。端末に常駐エージェントをインストールすることなく、端末の健全性チェックを行います。さらに、認証スイッチやアクセスポイントなどネットワーク認証装置と連係して、検疫NG端末の接続防止を行います。
製品のラインナップにはどのようなものがありますか
100,500,1000,2000,3000,4000,5000,10000ライセンスがあります。ライセンス数は検疫対象端末数です。 専用ハードウェアは、ライセンスによらず同一ハードウェアとなります。ハードウェアを買い替えることなく、ライセンスキーを入れ替えるのみで、小規模から大規模まで対応可能です。
ハードウェア保守サービスはありますか
はい。先出しセンドバック、平日9-17時オンサイト、24時間365日オンサイトがあります。
ライセンスを増やす場合は、買い直しになりますか
いいえ。追加ライセンスをご購入ください。
オプションライセンスにはどのようなものがありますか

Windowsセキュリティ情報配信サービス、Windowsセキュリティ情報配信サービス(英語版)、Mac OSセキュリティ情報配信サービスがあります。 OSのセキュリティパッチのリスト情報を配信するサービスとなります。(OSのセキュリティパッチを検疫する場合はご購入ください)

ライセンス数を超過した端末数が検疫を実行するとどうなりますか

サービスが停止することはありませんが、管理画面に警告メッセージを表示します。営業担当までライセンス追加についてご相談ください。

ライセンスの有効期限が切れてしまうとどうなりますか
管理画面のログイン画面に警告を表示します。営業担当までライセンス更新の連絡をしてください。
検疫端末の動作環境を教えてください

Windows Vista、Windows7、Windows8、Windows8.1、Windows10、MacOS X、Linux、Android、iOSとなります。詳細のバージョンについては、お問い合わせください。

連係している認証機器を教えてください
Web認証装置、およびアクセス制御センサーと連係可能です。 Web認証装置は、APRESIA、ALAXALA、Arubaコントローラーとの連係を動作確認しております。アクセス制御センサーは、NetSkateKobanと連係可能です。
必ず認証機器との連係が必要になりますか
検疫結果に応じてネットワーク遮断を行う場合は、連係が必要となります。検疫チェックを行いエラーメッセージを出力するのみであれば、連係は不要です。

管理について

管理画面へのアクセス方法を教えてください
ブラウザアクセス(WebUI)にてご利用いただけます。
管理画面はHTTPSに対応していますか
はい。HTTPSとなります。
バージョンアップの方法を教えてください

同メジャーバージョン内であれば、バージョンアップパッチをWebUIにて適用すれば、数分でバージョンアップが完了します。バージョンアップパッチは、サポートサイトにて公開しておりますので、ダウンロードしてご利用ください。
※ライセンス(ソフトウェアサポート)を契約いただいているお客さまに、サポートサイトのアカウントを提供しております。

設定のバックアップ/リストア方法を教えてください
製品添付のUSBメモリに定期バックアップが可能です。手動で管理端末などにバックアップファイルをダウンロードすることも可能です。リストアは、バックアップファイルをWebUIにて適用すれば実現できます。
検疫ログについて教えてください
取得できるログ情報は、各ポリシーの検疫結果、ユーザー名、OS名、IPアドレス、MACアドレス、コンピュータ名、IMEI(Android)、シリアルナンバー(iOS)となります。外部syslog転送が可能で、LOG@Adapterにて管理いただくとレポート化などで、より詳細な管理が可能です。

冗長構成について

冗長構成に対応していますか
はい。マスター/スレーブ間にて設定同期、障害監視を行います。サービスリンクとは別に専用リンクでの同期を行います。
冗長構成時、仮想IPアドレスを持ちますか

はい。仮想IPを持ったクラスター構成となります。

冗長構成時、マスター側が障害となった場合の動きを教えてください

マスター機が障害となった場合、スレーブ機がマスターとして昇格し、サービスを継続します。

検疫動作について

どのような検疫チェックができるのか教えてください
OSチェック、セキュリティパッチチェック、Microsoft Officeパッチチェック、ウィルス対策ソフトチェック(TrendMicro、Symantec、McAfee、F-Secure、ESET)、アクションセンター(セキュリティセンター)チェック、Firewallチェック、Adobeバージョンチェック、Javaバージョンチェック、禁止/必須ソフトチェック、資産台帳チェック(MACアドレスチェック)
クライアント操作の流れについて教えてください

(1)ブラウザより実行する場合
ブラウザを開く→検疫実行→検疫OKの場合は認証(スキップ可能)→通信可能
(2)ActiveDirectory(AD)を利用する場合
ADログオン(AD認証)→検疫実行→通信可能

検疫NGとなった端末はどうなりますか
クライアント画面に検疫NG内容を表示し、さらにNGガイドで対策方法を案内します。NGガイドの内容は自由にカスタマイズが可能で、治癒サイトのURLリンクを貼ることもできます。
セキュリティパッチの適用や、ウィルス対策ソフトのパターン番号のアップデートはどのように行いますか

既存のアップデートサーバーをそのままご利用ください。QuOLA@Adapter検疫エラー画面にアップデートサーバーのURLリンクを貼ることで、アップデートを誘導することが可能です。

グループごとに検疫ポリシーをわけることができますか

OS単位や、アドレス単位で検疫ポリシーをグルーピングすることができます。部署やセクション単位に、異なる検疫チェック項目で運用することが可能です。

OSのセキュリティパッチの管理はどのように行いますか

弊社データセンターで作成している、セキュリティパッチの最新リストをQuOLA@Adapterに定期配信します。配信されたリストの中で、実際にどのパッチ情報で検疫するかはカスタマイズが可能です。数日前、数か月前のリスト情報で検疫を猶予することも可能です。
※セキュリティ情報配信サービス要契約

ウィルス対策ソフトのパターン番号の管理はどのように行いますか

弊社データセンターで作成している、パターン番号の最新リストをQuOLA@Adapterに定期配信します。数世代前のリスト情報で検疫を猶予することも可能です。

シミュレーションモードとは何ですか
検疫NGになっても警告のみを表示し、通信可能とするモードです。検疫ポリシーごと、またアドレスグループごとに、通常(遮断)モードかシミュレーションモードの選択が可能です。
QuOLA@Adapterに対応していないOSはどうなりますか
その他OSとして、検疫をスキップし、認証のみ実行することが可能です。その場合もアクセスログ(アクセス時間、IPアドレス、OS情報)は残ります。
固定VLAN、ダイナミックVLAN、どちらの動作となりますか
どちらの動作も可能です。(連係する認証機器の設定によります)
クライアント画面のカスタマイズは可能ですか
はい。製品ロゴを非表示にすることが可能です。
QuOLA@Adapterを実行すると、クライアントにどのようなソフトウェアがインストールされているかわかりますか

はい。各端末のインベントリファイルを閲覧可能です。

COPYRIGHT ©2007-2018 HC Networks, Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

各種お見積り依頼・お問い合わせ・
技術情報ダウンロードはこちら