ネットワークのトータル・ソリューション

Hcnet エイチ・シー・ネットワークス株式会社

不正通信端末遮断ソリューション

情報セキュリティ事故が起きたとき、
すばやく発生源を検知~遮断することで、被害拡大を防ぐ

不正通信端末遮断とは、ランサムウエア・マルウエアなど悪意のあるプログラムのサイバー攻撃によって起きる個人情報漏えいや不正送金などを最小限に収めるための施策です。エイチ・シー・ネットワークスでは、これらの不正通信を監視・チェックし、すばやく検知し、遮断するための最適な製品をご用意しています。

  1. HOME
  2. ソリューション
  3. セキュア・ネットワーク
  4. 不正通信端末遮断ソリューション

情報セキュリティ事故が起きたとき
すぐに発生源の特定ができますか?

2017年5月12日、全世界的にランサムウエア「WannaCry」によるサイバー攻撃があり、日本国内においても大企業 での感染例が報告されました。「WannaCry」ではWindows® OSのある脆弱性を利用して感染するしくみでした。
マイクロソフト®社は2017年3月15日に対策パッチ(MS17-010)を公開しておりましたが、このパッチを適用していな かったコンピュータが感染、被害を拡大させました。

どのようなセキュリティ製品を使用しても
感染・被害をゼロにすることは困難です。
そのため、情報セキュリティ事故が起きたとき、
すばやく発生源を検知~遮断することで、
被害拡大を防ぐ必要があります。

160_2.png

連携ソリューションリーフレット

不正通信端末遮断
  • 検知だけで終わらない、遮断と再接続の防止
  • ネットワークのエンドポイントで遮断
  • 端末の設定変更不要
  • syslogのしくみであるため、さまざまなIPS/IDS機器との連携が可能
  • 任意のコマンド発行で端末遮断するため、さまざまな有線スイッチや無線コントローラー/アクセスポイントとも連携が可能
  • 不正通信端末の可視化と遮断

Adapterシリーズ製品一覧

Account@Adapter+

ネットワークに接続するユーザーや端末の認証とアクセス制御により、安全なITインフラ環境を構築

LOG@Adapter

認証ログ管理はじめ、不信ログへのアラート通知など多機能を搭載しログ管理を提供

QuOLA@Adapter

マルチOS対応の高速検疫アプライアンス。エージェント事前インストール不要・非常駐型で高速検疫

セキュア・ネットワーク 一覧

病院ネットワーク

病院ネットワーク

病院ネットワークの論理分離で構築費用を削減

ランサムウエア対策

ランサムウエア対策

ネットワーク接続前検疫で、パッチ適用を徹底!!

BYOD環境提案の勘所

BYOD環境提案の勘所

持ち込み端末の認証と検疫

使える!大学無線LAN

使える!大学無線LAN

容易なインターネット接続環境

ゲストネットワークの作り方

ゲストネットワークの作り方

アカウント発行とeduroam環境の整備

お悩み解決!証明書の運用管理

お悩み解決!証明書の運用管理

利用申請から証明書の配付まで

スマートデバイスセキュリティ対策

スマートデバイスセキュリティ対策

BYOD時代のデジタル証明書運用

不正通信端末遮断ソリューション

不正通信端末遮断ソリューション

万が一情報セキュリティ事故が起きたとき、すばやく発生源を特定し、被害拡大を防ぐ

COPYRIGHT ©2007-2018 HC Networks, Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

各種お見積り依頼・お問い合わせ・
技術情報ダウンロードはこちら