ネットワークのトータル・ソリューション

Hcnet エイチ・シー・ネットワークス株式会社

ランサムウエア対策

ネットワーク接続前検疫で、パッチ適用を徹底!!

ランサムウエアはOSやソフトウエアの脆弱性を悪用して実行されることが多いため、脆弱性の解消やウイルス対策ソフトの定義ファイルを最新に保つ運用が有効です。しかし、利用者に修正プログラムの適用や定義ファイルの更新を促すだけでは確実ではありません。
ネットワーク接続前検疫では、PC端末が内部ネットワークに接続する前にプログラムの適用状況を確認し、その結果によって通信を許可したり、治癒ネットワークへ誘導することができます。

  1. HOME
  2. ソリューション
  3. セキュア・ネットワーク
  4. ランサムウエア対策

適用例

ランサムウエアへの対策や管理はできていますか?

  • Windows® Updateを実施し、 定期的に配信されるセキュリティパッチを必ず適用。
  • ウイルス対策ソフトを使用し、常に最新の パターンファイルを適用。しかし、これらの対策を 把握管理するには、多くの負荷がかかります。
QuOLA@Adapterによる 端末の検疫
  • QuOLA@Adapterは、ネットワークの 入口部分でセキュリティチェックを行います!

QuOLA@Adapter

Adapterシリーズ製品一覧

Account@Adapter+

ネットワークに接続するユーザーや端末の認証とアクセス制御により、安全なITインフラ環境を構築

LOG@Adapter

認証ログ管理はじめ、不信ログへのアラート通知など多機能を搭載しログ管理を提供

QuOLA@Adapter

マルチOS対応の高速検疫アプライアンス。エージェント事前インストール不要・非常駐型で高速検疫

セキュア・ネットワーク 一覧

病院ネットワーク

病院ネットワーク

病院ネットワークの論理分離で構築費用を削減

ランサムウエア対策

ランサムウエア対策

ネットワーク接続前検疫で、パッチ適用を徹底!!

BYOD環境提案の勘所

BYOD環境提案の勘所

持ち込み端末の認証と検疫

使える!大学無線LAN

使える!大学無線LAN

容易なインターネット接続環境

ゲストネットワークの作り方

ゲストネットワークの作り方

アカウント発行とeduroam環境の整備

お悩み解決!証明書の運用管理

お悩み解決!証明書の運用管理

利用申請から証明書の配付まで

スマートデバイスセキュリティ対策

スマートデバイスセキュリティ対策

BYOD時代のデジタル証明書運用

不正通信端末遮断ソリューション

不正通信端末遮断ソリューション

万が一情報セキュリティ事故が起きたとき、すばやく発生源を特定し、被害拡大を防ぐ

COPYRIGHT ©2007-2018 HC Networks, Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

各種お見積り依頼・お問い合わせ・
技術情報ダウンロードはこちら