ネットワークのトータル・ソリューション

Hcnet エイチ・シー・ネットワークス株式会社

QuOLA@Adapter

マルチOS対応、高速検疫アプライアンス

持ち込みデバイスを見逃さない
見えない端末を可視化する
検疫アプライアンス

クライアント常駐プログラムを追加し、企業向けの検疫構成に柔軟に対応した、Version 5.08をリリースをリリース(2018年12月10日)

  1. HOME
  2. 製品情報
  3. セキュリティ
  4. QuOLA@Adapter

“マルウエア対策の検疫ネットワークに本当に必要な機能”を実装

昨今、標的型攻撃でマルウエアを仕掛けられ機密情報が抜き取られるインシデントや、ランサムウエアによってハードディスクに保存してあるデータにアクセスできなくなる被害が発生しています。これらのインシデントや被害は、Windows® Updateの適切な実施や、アンチウイルス ソフトウエアのパターンファイルが最新になっていることで、防げる可能性が非常に高いものです。

しかし、脆弱性対策を日々運用するには、相当な工数が必要です。

QuOLA@Adapterは管理者に代わり、Windowsのパッチやアンチウイルスソフトのパターンファイル最新性などを高速でチェックし、端末の安全な接続環境を実現する検疫アプライアンス製品です。企業ネットワークのセキュリティ統制やさまざまな端末が存在する学校ネットワークの強靭化としても有効です。

製品の特徴

クライアント常駐プログラムで、企業ネットワークに柔軟に対応

クライアント常駐プログラムにより、Windows PCのセキュリティ状態をチェックし、ポリシーに合致しないPCがアクセスできるネットワークを制御。利用者をウイルス対策ソフトのパッチ配信サーバーやWSUSなどへ誘導し、PCの健全性が有効になった状態で内部ネットワークへの接続を許可します。

持ち込み端末にも適用可!事前インストール不要
エージェント非常駐型で高速検疫!

Windowsおよびその他OS向けには非常駐型プログラムも提供。非常駐プログラムと無線LANなどの認証ネットワークと連携し各種OSのセキュリティチェックとアクセス制御を実現します。

また、検疫処理がストレスとならないよう、多数の端末が同時に検疫を実施した場合でも、高速で検疫が完了できるように設計されています。

(検疫処理時間は1台20~30秒。500台同時でも1台30秒程度で検疫完了!)

専門エンジニアによる「セキュリティ情報配信サービス」で運用作業不要!

日々配信される、OSやアプリケーションのセキュリティパッチ情報、アンチウイルス ソフトウエアのパターン情報など、情報を収集し定義するのは大変な作業です。

専門エンジニアによる「セキュリティ情報配信サービス」が管理者の作業を代行。動作検証を行ったうえで配信するため、単に最新の情報を取得するだけでなく、不具合パッチの配信防止や公開先の急な変更にも対応します。

img_quola02.png

検疫レベルに合わせた運用で、容易に利用開始!

既存ネットワークに導入する際、初めから検疫に失敗した端末を遮断せず、既存環境の情報収集から始めることが可能です。検疫の強度や範囲を決めるのに役立ち、段階的に利用を開始することができます。シミュレーションモードでは、ログ取得と現状把握を行い、既存環境のセキュリティレベルを可視化します。ネットワーク単位、検疫ポリシー単位で設定を選択する、柔軟な運用を行います。

img_quola03.png
  • わかりやすく使いやすい日本語GUIで、運用もより効率的に!
  • 管理も運用もアプライアンス製品またはバーチャルアプライアンス製品のいずれか1台で素早く導入!
    検疫ネットワークに必要な機能がひとつに
  • 学校ネットワークのセキュリティ対策として!
  • 国産ならではの高い品質と手厚いサポート!
    企業、文教、病院、研究所、自治体、官公庁などの実績多数、長期安定稼動

各種画面イメージ

クライアント常駐プログラム

Windows端末検疫の流れ(例)
※常駐プログラムは端末への事前インストールが必要です。
quola_クライアント常駐.JPG

Windows端末検疫の流れ(ブラウザダウンロードの例)

quolaブラウザダウンロード.JPG

検疫NG時の動作

img_quola05.png
ユーザー教育、啓発
  • 具体的にどの検疫ポリシーでNGになったかをユーザー通知
  • 未適用のパッチ番号を具体的に表示
  • 適用パッチ猶予期間の残り日数も表示 例:「○月○日までに適用してください」
NGガイドで、対策(治癒)方法を説明
  • NGガイド内容は自由にカスタマイズ可能(ハイパーリンク可)
  • NG内容自動判別で、NGになった検疫ポリシーのガイドを表示
  • Windowsパッチ更新機能で、ワンクリックでWSUS、Microsoft Updateサイトへ誘導
img_quola06.png
クライアント端末のアドレス単位で検疫ポリシーをグループ化
  • ネットワーク単位に検疫ポリシーを割り当て
  • 資産台帳に登録ある端末は、端末ごとに検疫ポリシー割り当て可能
  • グループ単位でシミュレーションモード使用可能
  • 検疫ポリシー単位でのシミュレーションモード使用

スマートデバイス(Android/iOS)検疫

img_quola07.png
スマートフォン、タブレット端末のセキュリティチェックを実施
  • 必須・禁止アプリのインストールチェック(Android®)
  • ウイルス対策アプリのインストールチェック(Android®)
  • OSパッチ番号状態チェック(iOS®)
  • JailBreak状態チェック(iOS®)
  • 資産台帳の登録チェック(Android®)

活用できる検疫ログ

QuOLA@Adapterのログは、クライアント端末のセキュリティ状態を可視化します。

  • 検疫結果、OS名、NG理由、IPアドレス、MACアドレス、コンピュータ名を確認可能
  • スマートデバイスのアクセスログの表示
LOG@Adapter+と連携させることで、アクション(メール送信やコマンド)を実行できます。
  • 利用例 1:一定時間内に検疫NG回数が閾値を超えた場合に管理者へメール
  • 利用例 2:検疫OKログの回数でおおよそのネットワーク利用率を把握する
img_quola08.png

製品の仕様

端末チェック内容

項目WindowsMac OS XLinuxiOSAndroid
OSバージョン

ウイルス対策ソフト

Windows®、Mac OS®
…Trendmicro®/Symantec®/McAfee®/F-Secure®
/ESET®/任意のウイルス対策ソフト
Linux®…AVG®
Android®…任意のウイルス対策ソフト

インストールチェック
パターン番号チェック(30世代)
プロセス起動チェック
資産台帳
Firewall
禁止ソフト・アプリ
必須ソフト・アプリ
ドメイン
セキュリティセンター/アクションセンター/Windows® Defender
※ウイルス対策・Firewallが対象
Jailbreak
セキュリティパッチ(要サービス契約)
Officeセキュリティパッチ(要サービス契約)
Adobe® Flash®/Reader®(要サービス契約)
Java®(要サービス契約)

システム環境

項目内容
認証スイッチ

APRESIAシリーズ、NA(NetworkAuthentication)機能、Access Defender®機能

AXシリーズ、Web認証機能

Aruba Mobility Controllerシリーズ、Web認証機能

* MAC認証、IEEE802.1Xは非対応

認証サーバー(RADIUSサーバー)

Account@Adapter+

Windows® Server認証サービス (ActiveDirectory®連携など)

その他商用RADIUSサーバー

クライアント常駐プログラム

Windows® 7

Windows® 8.1

Windows® 10

※日本語版、英語版の両方対応

クライアント非常駐プログラム

Windows® 7

Windows® 8.1

Windows® 10

Mac OS® X

Linux®

Android®

iOS®

* Windows®、Macは、日本語版、英語版の両方対応

Webブラウザ

Internet Explorer® 11 (Windows® 7、8.1、10)

Microsoft Edge (Windows® 10)

Safari (Mac OS® X)

対応アンチウイルスソフトベンダ

TrendMicro

Symantec

McAfee

F-Secure

ESET

バーチャルアプライアンス版動作環境

動作確認済み仮想環境

VMware ESXi 5.1 Update 1

VMware ESXi 5.5 Update 2

VMware ESXi 6.0 Update 1

ハードウエアバージョン バージョン7
仮想CPU数 仮想CPU を4個割り当て可能なこと
仮想メモリサイズ 16GB
仮想ハードディスク容量 300GB

ハードウエア詳細仕様

名称内容
型名 ADH7600H1
CPU Intel系CPU
メモリ 16GB
記憶装置

300GB HDD×2(ミラーリング)

USB メモリ(バックアップ用)

インターフェース

LAN ポート(Gigabit)×2

IPMI 端子(保守用)

RS-232C(D-sub 9pin、UPS 接続用)

USB×4(USB メモリ接続用×1、保守用×3)

キーボード/ディスプレイ(保守用)

電源入力電圧(周波数) AC100V-240V (50/60Hz)
最大消費電力 170W
動作周囲温度 10~35℃ (結露しないこと)
質量 6.2kg
外形寸法(W x D x H) 439.2mm×311.2mm×43.8mm(突起物含まず)

Adapterシリーズ製品一覧

RADIUS・DHCP認証アプライアンス Account@Adapter
Account@Adapter+

ネットワークに接続するユーザーや端末の認証とアクセス制御により、安全なITインフラ環境を構築

logadapterplus_front_mirror.jpg
LOG@Adapter+

認証ログ管理はじめ、不信ログへのアラート通知など多機能を搭載しログ管理を提供

検疫ネットワーク構成アプライアンス QuOLA@Adapter
QuOLA@Adapter

マルチOS対応の高速検疫アプライアンス。クライアント常駐プログラムやエージェント事前インストール不要な非常駐型で高速検疫

本製品のカタログ

本製品の導入事例

本製品でよくある質問

QuOLA@Adapterの特徴を教えてください

Windows,Mac,Linux,Android,iOSに対応した検疫専用アプライアンスです。端末に常駐エージェントをインストールすることなく、端末の健全性チェックを行います。さらに、認証スイッチやアクセスポイントなどネットワーク認証装置とレポート連携して、検疫NG端末の接続防止を行います。

製品のラインアップにはどのようなものがありますか

100,500,1000,2000,3000,4000,5000,10000ライセンスがあります。ライセンス数は検疫対象端末数です。 専用ハードウェアは、ライセンスによらず同一ハードウエアとなります。ハードウエアを買い替えることなく、ライセンスキーを入れ替えるのみで、小規模から大規模まで対応可能です。

ハードウエア保守サービスはありますか

はい。先出しセンドバック、平日9-17時オンサイト、24時間365日オンサイトがあります。

ライセンスを増やす場合は、買い直しになりますか

いいえ。追加ライセンスをご購入ください。

オプションライセンスにはどのようなものがありますか

Windowsセキュリティ情報配信サービス、Windowsセキュリティ情報配信サービス(英語版)、Mac OSセキュリティ情報配信サービスがあります。 OSのセキュリティパッチのリスト情報を配信するサービスとなります。(OSのセキュリティパッチを検疫する場合はご購入ください)

ライセンス数を超過した端末数が検疫を実行するとどうなりますか

サービスが停止することはありませんが、管理画面に警告メッセージを表示します。営業担当までライセンス追加についてご相談ください。

ライセンスの有効期限が切れてしまうとどうなりますか

管理画面のログイン画面に警告を表示します。営業担当までライセンス更新の連絡をしてください。

検疫端末の動作環境を教えてください

Windows Vista、Windows7、Windows8、Windows8.1、Windows10、MacOS X、Linux、Android、iOSとなります。詳細のバージョンについては、お問い合わせください。

連携している認証機器を教えてください

Web認証装置、およびアクセス制御センサーと連携可能です。 Web認証装置は、APRESIAALAXALAArubaコントローラーとの連携を動作確認しております。アクセス制御センサーは、NetSkateKobanと連携可能です。

必ず認証機器との連携が必要になりますか

検疫結果に応じてネットワーク遮断を行う場合は、連携が必要となります。検疫チェックを行いエラーメッセージを出力するのみであれば、連携は不要です。

本製品でよくある質問はこちら

更新情報

2018/12/10

クライアント常駐プログラムを追加し、企業向けの検疫構成に柔軟に対応した、Version 5.08をリリース

2018/02/14

AdapterシリーズのCPUの脆弱性「Meltdown(CVE-2017-5754)、Spectre(CVE-2017-5753、CVE-2017-5715)」の影響について

2017/05/09

Adapterシリーズ「認証、検疫、ログ管理、シングルサインオン」新カタログを掲載しました

2017/02/09

macOS Sierraに対応した、Version 5.05をリリース

2016/11/08

Windows 10のセキュリティパッチに対応した、Version 5.04をリリース

エイチ・シー・ネットワークスの特徴

特徴1

日立グループのDNA

日立グループ時代から企業風土を受け継ぎ、お客さまに最適なネットワークを提案します。

特徴2

多数の導入実績・導入事例

目的に応じた最適な提案を実施し、さまざまなお客さまへの導入実績・導入事例があります。

特徴3

トータルソリューション/提案力

ネットワークのトータルソリューションとして、ご要望に合わせた提案が可能です。

特徴4

自社開発のアプライアンス製品

認証・検疫・ログ管理・シングルサインオンなど、各種製品を自社で開発しています。

特徴5

専門製品の取り扱い多数

産業用のイーサネットスイッチ、同軸ケーブル・無線APなど、ネットワーク専門製品を多種取り扱っています。

特徴6

信頼の構築・保守体制

提案から構築·保守サービスまで、トータルソリューションを提供するネットワークインテグレーション会社です。

  • エイチシー・ネットワークス
  • 日立グループとして培った「顧客ファースト」視点で高い品質と信頼できるネットワークをご提供します。

エイチ·シー·ネットワークス株式会社(HCNET)は、提案から構築·保守サービスまで、トータルソリューションを提供するネットワークインテグレーション会社です。

COPYRIGHT ©2007-2018 HC Networks, Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

各種お見積り依頼・お問い合わせ・
技術情報ダウンロードはこちら