ヘッダをスキップ Japan Site

サイト名エイチ・シー・ネットワークス株式会社 HC Networks HCNET


ここからグローバル・ナビゲーション | ホーム | ソリューション |  製品 | サポート&サービス | 導入事例 | エイチ・シー・ネットワークスとは グローバル・ナビゲーションここまで

    ニュースリリース    サイトマップ    お問い合わせ
資料請求 お問い合わせ


ページタイトル

HD映像コニュニケーションシステム

Panasonicロゴ KX-VC600



ここから本文
ここからブレッド・クラム 映像配信システム > KX-VC600 HD映像コニュニケーションシステム
 
イメージ画像
 
  • フルHDで同時30端末までのライブ中継(片方向)が可能であり、朝会・方針発表などの配信を容易に実現します。
  • 映像音声は、予め管理サーバに登録した経路で配信されます。
  • Webアプリなのでネットワーク内の端末から配信予約などの操作が可能です。
 

特長

 
・ネットワーク帯域
 
  • バケツリレー方式により配信元のネットワーク帯域を抑制。
  • ネットワークコストを大幅に削減します。
  • 各拠点で必要な帯域幅は、以下の通りです。
  1) 1080p(1920×1080)での配信
送信 6Mbps(3Mbps×2)以上
受信 3Mbps以上
2)720p(1280×720)での配信
送信 4Mbps(2Mbps×2)以上
受信 2Mbps以上
 
・自動レート制御

ネットワーク混雑等、通信開始後の帯域低下にリアルタイムで対応。使用可能帯域に合わせて自動的に伝送レートを調整することで通信の切断を回避します。
また、帯域回復時には、自動で伝送レートを回復させます。

使用可能帯域幅と時間帯のグラフ
 
・経路冗長

中継拠点で通信障害が発生すると、下位拠点が自動的に昇格して当該拠点以外への配信が継続されます。[下図(1)と(2)]
また、管理サーバが通信の復旧を検知すると、切離されていた拠点が経路の最後に組込まれ、映像音声の配信を再開します。[下図(3)]

(1)障害発生
サンプル図
 
(2)経路切替
サンプル図
 
(3)障害復旧
サンプル図

構成図

 
図
 

カタログ/資料ダウンロード

 
 
アドビ・リーダーのダウンロード PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe(R) Reader(R)が必要です。
 
 
 
*記載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。 
*記載の内容は、予告なしに変更する場合があります。
*記載の製品を輸出される場合には、外国為替および外国貿易法の規制ならびに米国輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、弊社担当営業にお問い合わせください。
 
本文ここまで



ここからローカル・ナビゲーション
ネットワーク・セキュリティ

産業用イーサネットスイッチ

テレビ会議/ビデオ会議システム

ユニファイドコラボレーション

映像配信システム

Panasonic KX-VC600
HD映像コニュニケーションシステム

Photron Power Solution
収録・配信システム
ローカル・ナビゲーションここまで


資料請求 お問い合わせ




ページトップへ

 
ここからフッタ  | サイトの利用条件 | 個人情報保護への取り組み | 情報セキュリティ方針 | 環境への取り組み | 購買基本方針 | 展示会・セミナー情報 | フッタここまで
HC Networks , Ltd. トップページへ COPYRIGHT © HC Networks, Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
日立電線ネットワークス株式会社は、2016年12月1日に
エイチ・シー・ネットワークス株式会社に社名を変更しました。