ヘッダをスキップ Japan Site

サイト名エイチ・シー・ネットワークス株式会社 HC Networks HCNET


ここからグローバル・ナビゲーション | ホーム | ソリューション |  製品 | サポート&サービス | 導入事例 | エイチ・シー・ネットワークスとは グローバル・ナビゲーションここまで

    ニュースリリース    サイトマップ    お問い合わせ
資料請求 お問い合わせ


ページタイトル

H.323ゲートウェイ装置 [2008年7月販売終了]




ここから本文

※後継製品は、H323ProxyServer(H.323セッションゲートウェイ)です。

ブロードバンド対応 H.323ゲートウェイ装置

 
THROUGATE NEW
 
2003年8月現在

THROUGATEは、ブロードバンドネットワーク上でVideo/Voiceコミュニケーションを実現する際に問題となる次の課題を解決します。

  • Firewallの問題
  • アドレス変換(NAT)の問題
  • アドレッシングの問題
  • 制御ソフトダウンロード
 

Firewallの問題

(1)H.323対応していないFirewallの場合、複数ポートの通過を許可する必要があり、セキュリティホールになる危険性があります 。

 
Firewallの問題1 セキュリティホール
 

(2)既存Firewallでテレビ会議を使用した場合、Firewallの性能上、十分なパフォーマンスが出ない場合があります。

 
Firewallの問題2 レスポンス悪化
 
 

アドレス変換(NAT)に関する問題

(1)H.323でのNATに対応していなければ、テレビ会議を行うことはできません。

 
アドレス変換(NAT)に関する問題 H.323プロトコル行方不明
 

(2)H.323 NATに対応している場合でも、端末分グローバルIPアドレスを割り当てる必要があります。

 
アドレス変換(NAT)に関する問題 グローバルIPアドレス不足
 
 

アドレッシングの問題

(1)内部に複数存在する端末の中から、特定の端末にコールする方法が必要となります。

 
アドレッシングの問題
 
 

Througateの概要説明

 

主な機能

 
(1) ブロードバンドネットワーク環境で利用されるブロードバンドルータを本製品に置き換えることでH.323のコミュニケーションが可能な環境を提供します。IPネットワークを利用した運用コストの安価なテレビ会議運営環境が実現可能です。
(2) Firewall$NATとの組合せも可能なマルチコンフィグレーションです。H.323による既存セキュリティポリシーの大幅な変更をせずに対応できます。
(3) 内部ネットワークに多数のH.323端末(テレビ会議端末やVoIP端末)があっても必要な外部グローバルアドレスは、ひとつに集約できます。Static NAT方式によるH.323対応のFirewallでは実現できなかった機能です。
(4) 高価なテレビ会議専用ゲートウェイに対して低価格なコストで導入できます。
(5) 内外ネットワークの各々のQoS運用ポリシーにあわせて設定できるRTPパケットのIP Precedence$Diffserve設定機能により、パケットの優先制御にも対応しています。
(6) コール(通話開始)時のE-mail形式、E.164(電話番号)形式など
  *ブロードバンド回線を利用したテレビ会議運営に適しています。
 
 

仕様

 
Througate1 [SOHO版] 基本仕様
端末レジストレーション 最大:30台
同時通話接続数 最大:15通話
H.323PROXYによる同時接続数(外部IP網経由) 最大:5通話
 
Througate1 [Enterprise版] 基本仕様
端末レジストレーション 最大:100台
同時通話接続数 最大:50通話
H.323PROXYによる同時接続数(外部IP網経由) 最大:50通話
 
ハードウェアの主な仕様
CPU VIA C3/533MHz FAN LESS
チップセット VIA PLE133 VT8601A
メモリ 128MB 144-pin SODIMM×1
ストレージ 64MB CompactFlash Socket×1
ネットワーク 10BASE-T/100BASE-T×2
電源 内蔵 AC110〜220V
寸法 220m(W)×254mm(D)×44mm(H)
 
 

Througateの導入例

Firewallを隔てたネットワークを利用して、各拠点に設置されたテレビ会議(H.323)端末の相互コミュニケーション環境を構築できます。

 
Througateの導入例
 
 

導入までの手順(小規模オフィスの場合)

 
導入までの手順
 
 
 
 
*記載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。 
*記載の内容は、予告なしに変更する場合があります。
*記載の製品を輸出される場合には、外国為替および外国貿易法の規制ならびに米国輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、弊社担当営業にお問い合わせください。
本文ここまで



ここからローカル・ナビゲーション
ネットワーク・セキュリティ

産業用イーサネットスイッチ

テレビ会議/ビデオ会議システム

当社のテレビ会議/ビデオ会議 -3つのポイント-

Polycom Groupシリーズ HD対応テレビ会議/ビデオ会議システム

Polycom HDXシリーズ HD対応テレビ会議/ビデオ会議システム

Polycom QDXシリーズ テレビ会議/ビデオ会議システム

Polycom CXシリーズ Microsoft® Lync® 対応

デスクトップ テレビ会議/ビデオ会議ソフトウェア

多地点テレビ会議/ビデオ会議サーバー

テレビ会議/ビデオ会議
管理用ツール

テレビ会議/ビデオ会議
録画システム

テレビ会議/ビデオ会議用
マイクミキサー

音声会議システム

H.323セキュリティ製品

ユニファイドコラボレーション

映像配信システム
ローカル・ナビゲーションここまで


資料請求 お問い合わせ

製品FAQ




ページトップへ

 
ここからフッタ  | サイトの利用条件 | 個人情報保護への取り組み | 情報セキュリティ方針 | 環境への取り組み | 購買基本方針 | 展示会・セミナー情報 | フッタここまで
HC Networks , Ltd. トップページへ COPYRIGHT © HC Networks, Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
日立電線ネットワークス株式会社は、2016年12月1日に
エイチ・シー・ネットワークス株式会社に社名を変更しました。