ヘッダをスキップ Japan Site

サイト名エイチ・シー・ネットワークス株式会社 HC Networks HCNET


ここからグローバル・ナビゲーション | ホーム | ソリューション | 製品 | サポート&サービス | 導入事例 | エイチ・シー・ネットワークスとは グローバル・ナビゲーションここまで

    ニュースリリース    サイトマップ    お問い合わせ
資料請求 お問い合わせ


ページタイトル

ニュースリリース




ここから本文

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

 
2014年2月19日
 

〜オールインワン認証アプライアンス「Account@Adapter」〜
Shibboleth認証への新たな取り組み
WisePointと連携したクラウド・学認と
ネットワーク認証のシングルサイオンを実現

 

 このたび、日立電線ネットワークス株式会社(以下、「当社」といいます。)は、自社開発・販売をしているオールインワン認証アプライアンスサーバ「Account@Adapter」(アカウントアダプタ)と、多彩な認証方式を持つファルコンシステムコンサルティング株式会社の「WisePoint」との連携を確認しました。この連携により、Shibboleth認証に対応したサービスへのログイン認証と、ネットワーク認証デバイスへのログイン認証のシングルサインオンを、高セキュアな多要素認証で実現できます。今後両社は、この連携ソリューションを積極的に拡販していきます。

 これまで両社で共同検証を進め、2013年12月に開催された大学ICT推進協議会2013年度年次大会においてデモ展示を行い、多くの大学教育機関より高い評価を得ました。

 

背景

 

 大学や企業では、Google Apps、Office365、Salesforceなどのクラウドサービスを利用するシーンが増え、また、大学においては、学術認証フェデレーション(学認:GakuNin)に参加して教育コンテンツ・電子ジャーナル等のサービスの利用が進んでいます。これらのサービスは、統合ID管理を目的としたShibboleth認証によるシングルサインオンに対応しています。WisePointは早くからShibboleth認証に対応し、得意とするマトリクスコード認証やワンタイムパスワード認証を用いた多要素認証で、クラウドや学認サービスにおける高セキュアな認証システムを提供していました。

 一方、昨今の情報漏洩等の問題から、ネットワークの入口に認証を設ける「ネットワーク認証」が多くの大学や企業で導入されています。このため、クラウドや学認サービスの認証とネットワーク認証を併用している環境では、「クラウド・学認」と「ネットワーク認証」の各ログイン操作を、それぞれ実施しなければならず、これらを1度で認証するシングルサインオンの需要が高まっています。そこで、2013年10月にAccount@AdapterのShibboleth SPオプションをリリースし、「クラウド・学認」と「ネットワーク認証」のシングルサインオンに対応しましたが、今回、WisePoint認証サーバ(Idp)と連携することで、さらに、多要素認証でShibbolethシングルサインオン認証に対応することが可能となりました。

 

システム概要

 

 本システムは、Account@AdapterのShibboleth SPオプションと、WisePoint認証サーバ(Idp)が連携したもので、WisePointが提供するワンタイムパスワード認証に成功すると、Shibboleth認証に対応したサービスにログインできると同時に、Account@Adapterが認証スイッチや無線コントローラに対してネットワーク認証を実行します。Shibboleth認証に対応していないWebサービスに対しては、WisePoint サーバ(SP)がリバースプロキシとなってシングルサインオンを実施します。これにより、@クラウド・学認サービス(SP)A学内・企業内ネットワークB学内・企業内Webサーバへの3つのシングルサインオンが実現できます。

 
図 Shibboleth認証への新たな取り組みWisePointと連携したクラウド・学認とネットワーク認証のシングルサイオン

(1) Shibboleth認証:米国のInternet2プロジェクトで開発されたWeb系情報サービスシステムの分散シングルサインオン方式。内部ではSAMLを用いる。
(2) ネットーク認証デバイス:有線スイッチや無線コントローラなど、認証が許可されるまで、配下に接続される端末のネットワーク通信を遮断するデバイス。
(3) 学認:学術認証フェデレーションの略称で、国立情報学研究所が推進する、全国の大学や研究機関および学術機関向けサービス提供業者での共通認証機構に関する連携。各機関の構成員は、加盟機関が提供するサービスを、学内サービスと同様にシングルサインオンで利用可能になる。
(4) マトリックスコード認証:パスワードの代わりに行列のマス目に記入した数値・文字列のコードを利用者認証に用いる。サービス側が指定する座標のコードを、利用者がパスワードとして入力する。
(5) 多要素認証:利用者認証時に、パスワードだけでなく、他の要素(マトリックスコード、秘密の質問、ワンタイムパスワード等)を併用する認証方式。
(6) Idp:ID Providerの略で、ユーザがシングルサインオンを利用して他の Web サイトにアクセスできるようにする認証されたプロバイダです。
(6) SP:Service Providerの略で、アプリケーションを提供するプロバイダです。
 

WisePointについて

 
 

製品の詳細についてはこちら

 
 

この記事のPDFダウンロードはこちらから

 
 
 
*Account@Adapter は、日立電線ネットワークス株式会社の登録商標です。
*WisePointは、ファルコンシステムコンサルティング株式会社の登録商標です。
*学認、GakuNinは、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構の登録商標です。
*Googleは、Google Inc.の登録商標です。
*Office365は、米国およびその他の国における米国Microsoft Corp.の登録商標です。
*Account@Adapter は、日立電線ネットワークス株式会社の登録商標です。
*Salesforceは、salesforce.com, inc.の登録商標です。
*ニュースリリース記載の情報は発表日現在の情報です。記載の情報は予告なく変更される可能性がございます。
 
アドビ・リーダーのダウンロード PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe(R) Reader(R)が必要です。
 
本文ここまで







ページトップへ

 
ここからフッタ  | サイトの利用条件 | 個人情報保護への取り組み | 情報セキュリティ方針 | 環境への取り組み | 購買基本方針 | 展示会・セミナー情報 | フッタここまで
HC Networks , Ltd. トップページへ COPYRIGHT © HC Networks, Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
日立電線ネットワークス株式会社は、2016年12月1日に
エイチ・シー・ネットワークス株式会社に社名を変更しました。