ヘッダをスキップ Japan Site

サイト名エイチ・シー・ネットワークス株式会社 HC Networks HCNET


ここからグローバル・ナビゲーション | ホーム | ソリューション | 製品 | サポート&サービス | 導入事例 | エイチ・シー・ネットワークスとは グローバル・ナビゲーションここまで

    ニュースリリース    サイトマップ    お問い合わせ
資料請求 お問い合わせ


ページタイトル

ニュースリリース




ここから本文

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

 
2013年10月31日
 

〜オールインワン認証アプライアンス「Account@Adapter」〜
証明書の管理・配布の課題を認証局機能強化で解決

 

 このたび、日立電線ネットワークス株式会社(以下、「当社」といいます。)は、自社開発・販売をしているオールインワン認証アプライアンスサーバ「Account@Adapter」(アカウントアダプタ)の機能を強化した「Account@Adapter Ver.5.03」をリリースしました。

 

Ver.5.03 機能強化の概要

 

【Account@Adapter Ver.5.03 主な機能強化の概要】

外部サーバと連携する認証機能を強化

 リモートアクセスで広く普及しているSSL-VPN接続において、クライアント証明書やサーバ証明書を用いたSSL-VPN接続は、証明書の管理や配布に課題がありました。

 Account@Adapterでは、利用者自身がクライアント証明書を容易にダウンロードできるワークフローを提供しておりましたが、今回さらに機能強化し、サーバ証明書の発行機能を実装しました。この機能強化により、SSL-VPN接続時に利用するサーバ証明書とクライアント証明書の一元管理をAccount@Adapter1台で対応できるようになり、証明書の管理や配布が容易になりました。

Account@Adapterによる証明書発行環境の仕組みには下図の通りです。

図:Account@Adapterによる証明書発行
 

MACアドレス認証導入の課題を解決するMACアドレス自動収集機能実装

 エンドユーザや管理者に負担をかけずに、MACアドレスを収集・登録することができるので、MACアドレス認証環境を容易に構築することができるようになりました。

運用負荷を軽減する外部ファイルの取り込み機能実装

 資産管理サーバや管理者が作成していたアカウント情報ファイルを自動的に取り込むことにより、管理者の運用負荷を軽減することができるようになりました。

大学間ローミングeduroamに対応したRADIUS proxy機能実装

 学内認証にとどまらず、大学間ローミングeduroamにも対応したことで、より広い範囲の認証シーンにも利用できるようになりました。

 

製品の詳細についてはこちら

 
 

この記事のPDFダウンロードはこちらから

 
 
*Account@Adapter は、日立電線ネットワークス株式会社の登録商標です。
*本ニュースリリースに記載されているその他の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
*ニュースリリース記載の情報は発表日現在の情報です。記載の情報は予告なく変更される可能性がございます。
 
アドビ・リーダーのダウンロード PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe(R) Reader(R)が必要です。
 
本文ここまで







ページトップへ

 
ここからフッタ  | サイトの利用条件 | 個人情報保護への取り組み | 情報セキュリティ方針 | 環境への取り組み | 購買基本方針 | 展示会・セミナー情報 | フッタここまで
HC Networks , Ltd. トップページへ COPYRIGHT © HC Networks, Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
日立電線ネットワークス株式会社は、2016年12月1日に
エイチ・シー・ネットワークス株式会社に社名を変更しました。